>

英会話勉強計画

​目標に向けての能力向上

​では、本題である勉強の計画を立てていきましょう。
目標設定のページで述べたとおり、いつまでに達成するという期限を設け、それまでにどういった勉強をするのか考えていきます。
ここでは私が例に挙げた大中小の目標を達成するための計画をしてみましょう。
まず、大目標の英検一級は、試験の日程が決まっていますので、そこを期限としましょう。
英検は書く聞く話す読むの四技能、中目標のプレゼンはプレゼン力が必要ですね。
それらの技能を上げる為に何ができるのかを、自身の生活スタイルを見つめて考えます。
では、平日の九時から十八時までの仕事で、通勤方法は電車、週に一度英会話スクールに通い、土日の休みは自由に使える人の勉強計画を立ててみましょう。

​英語漬けのスケジュール

​朝、出勤前にできる英語の勉強は、英字新聞を読んだりすることでしょうか。
今はわざわざ新聞をとらずとも、ネットでいくらでも英字ニュースは載っていますので、そちらを利用すればお得です。
そして出勤時、駅までの道のりを洋楽を聴きながら歩き、電車の中では今度はスピードラーニングのような教材音声を聞きます。
仕事中は余裕があればですが、仕事中に使ったよく使うフレーズなどをメモしておき、後で英語でどのように言うのかを調べます。
仕事帰りに通う英会話スクールの先生に教えてもらうのも良いでしょう。
ネイティブの先生と実践的に話し、帰宅した後は洋画を観るなり、音読をするなり、英語で日記を書くなり、一日の勉強で足りない部分を補います。
英語漬けの一日で、たまにはお休みしたいとも思いますが、語学の勉強は一日でも触れない日があるとあっという間に忘れてしまいますので、疲れたと感じたら量を減らすなりして調整しましょう。


この記事をシェアする